地名変更のハナシ(またまた、つづき) 2003年 04月 18日
管理人(金井) さん

 ニジニ=ノヴゴロド  皆様、この地名をご存知でしたか。私は、知らなかったので、調べてみたら、旧ゴーリーキーのことでした。小説「母」「どん底」は、ここでの出来事がモデルになっています。(たぶん。)ゴーリキーは世界的作家なので、都市の名前を変えないほうが良かったのに、残念。
 クラスノダ−ルは黒海に近い町で、こちらは革命後の名前を、そのまま使っているようです。

 少年のころ、地理で「コーカサス米」と言うのを習ったことがあります。コーカサスは米の生産地であると。そのとき、クラスノダ−ルの名前が出てきたか否かは覚えていないのですが。今でも、コーカサスでは米を作っているのだろうか。いったい、どのようにして、食べるのだろう。

 Мася さん の投稿を読んでいると、いろいろな疑問が次々と、浮かんできます。

 カメラの話題でなくてすみません。

Они люблят гору!(彼等は山が好き!) 2003年 04月 18日
Мася さん

Привет

彼等は登山が好きです。私達が休日に高尾山に登るのとは違います。(東京周辺限定ネタかな?)

ロシア人にとって登山(トレッキング?)できる山々はコーカサスくらいかもしれません。がエルブルース山ってロシアにあるヨーロッパ最高峰なんです。
っでクラスノダールからコーカサスですが、ざっと見て400kmくらい離れているようですが、ロシア人からすると遠く感じないのかも?(東京−名古屋間くらいなのに)
オレグの出身地はサロフ(ここが地図になかった町)というニジニ=ノヴゴロドから南に100kmくらいの所です。ウラルの方が近かったかも。

http://www.krasnodar.online.ru/kuban.htm

Пока

いろいろ 2003年 04月 18日
管理人(金井) さん

地名変更のハナシ(つづき)
 旧ソ連圏で、90年代にかなりの都市名が改定になったのは、「歴史の再認識」と思います。ソビエト崩壊により、共産主義という規範がなくなってしまったとき、人々はどうすればよいかと言うと、やはり自分たちの歴史を再認識して、将来への規範とするのではないでしょうか。だから、「革命の偉人を冠した名前を革命前に戻す」「現地語に戻す」だったのだと思います。機械的に戻したわけではないと思います。トビリシは革命前のテフリスに戻っていないでしょう。
 地名を付けたり、改定するのは地元住民の関係が強いので、結構大変なようです。そういえば、4月1日に区制が施行された「さいたま市」は、「見沼区」の名前が賛否両論あったけれど、結局「見沼区」になりました。


オレグさんのなぞ
 「オレグさんは、クラスノダ−ルのヴィクトリアさんと知り合い、2人で、コーカサスの山々を登っていた。」でも、クラスノダ−ルと言えば、ゴルバチョフさんが活躍したところで、広々した平地で、コーカサス山脈は、だいぶ遠いような気もするのですが。クラスノダ−ルと登山が結びつかない。
 オレグさんは登山が好きなのだろうか。どこの出身か知らないけれど、多くのロシア人には、登る山は近くにはないような。

うんと難しい 2003年 04月 18日
管理人(金井) さん

ネットで百科(http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/)で、ウラジオストクを調べると、北大スラブ研の原暉之先生の解説で「〈東方 (ウォストーク) を征服せよ (ウラジ) 〉というロシア語に由来する」となっています。
 ウラジカフカスを調べると、東京外語大の高橋清治先生の解説で「その名ウラジ (〈支配〉の意) カフカスが象徴的に示すように,ロシアがカフカス諸民族を軍事的に支配するための拠点であった」となっています。

 素人には、難しすぎる。

あちゃちゃ〜 2003年 04月 18日
Мася さん

辞書(実は同じ辞書です)を見た時に動詞、владетьには「占有する」、「支配・領有する」という意味で「征服する」という意味は無いコトを知り(どっから読んだんだろう...)チョット逃げてました。(すみません!)
владを語幹とした単語は動詞から各単語に派生したんじゃないかなぁ...
っで、владиですと命令形(本当はвладй)で「〜を占有しろ」となるのですが、辞書によると造格とともに用いる...となると、Владйвостокомになる...
難しい...

Господину один любитель фотоапаррата "Зоркий-3":
私、今まで3月8日当日にロシアにいたことがないんです。


vladの意味 2003年 04月 17日
管理人(金井) さん

Мася さん をはじめ、ロシア語に詳しい方、教えて下さい。しつこくて、すみません。

 なぜ、vladに「征服」とあてるのでしょうか。手元にある、コンサイス露和辞典には、vladに語尾がついた単語の意味は「占有、領有、支配、領土」「占有する、支配・領有する、〜が上手だ」「君主、支配者、大司教の尊称」などで、「征服」はありません。zavoevyvatだと、「征服」と書いてあるのですが。ま、文字通り、コンサイスな辞書だから、細かい事は書いていないけれど。(ロシア語の辞書はこれしかない。)
 本当は、vladはどういう意味なのでしょう。
 日本語で、「占有、領有、支配」と「征服」とは、ちょっとニュアンスが違うと思いませんか。ウラジカフカスは知らないけれど、ウラジオストックは征服したわけではなく、交渉で、占有、領有、支配したんですよね。

Re:地名の話 2003年 04月 17日
管理人(金井) さん

odin lyubiteli f-ta "Zorki-3" さま。始めまして。(ではないんですか。)

Zorki-3は4に比べて、ちょっと故障が多い気がします。(雑に扱うと、スローガバナーに埃が入りやすい。)

 地名の変更は、ご指摘通り、革命後変更された地名を、旧来の名前に戻す動きだったと思います。アルメニア第2の都市は Gyumri=>Aleksandrapol=>Leninakan=>Gyumriと、帝政期に変えられた名前を、更に古い名前に戻しています。帝政期の名前に戻したところが多いのは、その前は、名前が無かったから、あってもマイナーだったからでは。

 地名の由来について、私は次のように考えています。固有名詞のいわれは、どうとでも解釈できるものです。特に、語尾が無いので、動詞か名詞かなど、決められません。だから、都合の良いように解釈すればよいのではないでしょうか。歴史的、文学的にあまりにもかけ離れた解釈だと、ちょっと格好悪いですが。もっとも、歴史的、文学的解釈も一義ではないでしょう。日本の軍備増強運動に利用しようという下心のある人は、ウラジオストクを「東方を征服せよ」と、命令形に解釈する必要があります。私は、もし、ウラジミールさんが友人にいたなら、仲良くしたいので、「平和の主」と解釈します。「世界を征服しちゃうぞ」って、解釈したら、なんかケンカ売っているみたいですもの。東京だって、「東の都」でも「東を都にせよ」でも、どちらでも良いわけです。
 ウラジカフカスは「カフカス人の土地」と解釈しないと、北オセチア人は言葉に鈍感な、大バカ者揃いであるとなってしまうようで、北オセチア人に友人がいる場合は、ちょっとまずいのではないかと思います。

 でも、「カフカースを征服しちゃうぞ」という解釈は変だとおもいます。だって、征服した後に、名前をつけるわけだから。カフカースを征服した後に征服するのは、外カフカースになるのではないでしょうか。「カフカースを征服したぞ(もうオレのもんだぞ、だれにもやらないぞ)」という意図のもとに命名された、かなー。
 実は、ウラジオストクは「東を占領したぞ」「東を占領せよ」のどちらでも解釈できます。もし、前者ならば、東とはウラジオストクあたりの意味です。後者なら、日本あたり、になります。だから、後者と解釈して、日本の軍備増強運動に使えるわけです。もう少しいうと、ウラジオストクを「東を占領せよ」と解釈して、東を日本あたりとするならば、ウラジカフカスが矛盾無く解釈できなくなります。と、思うのですが、違いますかねー。
 と思って、ネット上で調べてみると、このようなページがありました。(長い。)
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/timeihihan.htm

ちょっと長くなったので、この辺で。

地名変更のハナシは解決しましたか? 2003年 04月 17日
odin lyubiteli f-ta "Zorki-3" さん (kaorusski@hotmail.com)

ときどきこちらも拝見しています。
通りすがりの「とあるゾルキー3型好き」です。
この名前で別のHPにカキコしたなぁ。
(微妙に綴りを変えました)

地名変更のハナシは解決しました?
「ヴラジカフカース」はやっぱり
「カフカースを征服しちゃうぞ」
という意図のもとに
命名された、と解釈するのがいいと思いますよ。
歴史は専門ではないから
(文学が専門でしたので)
詳しくは知らないけど。

90年代の各地の地名変更は
その命名の由来を問わずに単に
「革命前」(ソヴィエト政権樹立前)の
地名に戻した動きだったと思いますよ。

90年代の改名にはいくつか理由があって
1 革命の偉人を冠した名前だから
  「革命前に戻す」
2 「ロシア人に発音しにくいから」という理由で
  改名されたのを独立したので「現地語に戻す」
なんていうのもあります。

まぁ、やっぱり「革命前に戻す」が主眼であって
「帝政時代の命名の由来」は問われなかったみたいです。

「レーニンや社会主義革命の
英雄の名前なんて聞きたくもない」と
特にロシア以外の共和国では言われたらしいし。
「坊主に憎けりゃ袈裟まで憎し」でしょうな。

ロシア国内だって
「レニングラード」→「サンクト・ペテルブルク」
「スベルドロフスク」→「エカチェリンブルク」
なんてねぇ。帝政時代の名前ですもんね。
2の例は
  「キエフ」→「キイフ」
  「キシニョフ」→「キシナウ」
ですね。
(ロシア語でそれらの地を呼ぶときは、
「キエフ」「キシニョフ」ですが)

ちなみに、私モスクワにいたときには
ちゃんと国際婦人デーには花を買いましたよ!

うっわ〜! 2003年 04月 17日
Мася さん

Привет

ソヴィエト時代に私が行った所なんてモスクワ、レニングラード、キエフ、ハバロフスクなんて誰でも行けるところでした。
オルジョニキーゼなんてよく行ったこと...お母ちゃん(ナージャ)が帰った町はソヴィエト時代、外国人が入ることはおろか、ミサイル工場があったために地図にもなかった町です。ウラジオも軍港でダメ、港はナホトカならOK。
モスクワで彼女が勤めているビルは外国人立入禁止なのですが、身分証明書を作って(私はカザフスタン出身!)もらって入館しています。

山々を見て思い出したのですが、この辺は弟(オレグ)が詳しいかもしれません。エルブルースを撮った写真をお姉ちゃん(アンナ)から貰ったことがあり、嫁さん(ヴィクトリア)の出身がクラスノダールで、知り合ったのもここじゃなかったかな?
コーカサスの山々を二人で登っていたようです。でもウラジカフカースには二人で行ったとしてもオルジョニキーゼに行ってはいないだろうなぁ...弟はいいとして嫁さんはまだ12歳かそこら...

金井さん:
間違った認識を正すことができました。また極東共和国や山岳自治共和国(?)などの興味深いことを知ることが出来ました。
ありがとうございました。

あっ極東共和国の時代じゃないと思いますが、ハバロフスクに桐の家紋のようなものがある建物があったのですが、その昔日本人が写真館を開いていたと聞いたことを思い出しました。

Пока

極東 2003年 04月 17日
管理人(金井) さん

Мася さま。ロシア語の解説ありがとうございます。極東はДальный Востокと言う事で、安心しました。

 極東共和国はシベリア出兵の関係なので、日本でもある程度知られていて、「極東共和国の夢―クラスノシチョコフの生涯」と言う本もあり、今売られています。(でも、読んだことはない。)極東は日本にとって近いので、多少は関心があるらしく、極東関連の書籍も結構あると思います。(なさけないことに、ほとんど読んだことはない。)かつて、ソ連は「極東の諸問題」という季刊雑誌を発行していましたが、これには日本語版もありました。(でも私は読んだことはない。)

 しかし、Gorskaya(Mountain) Autonomous Soviet Socialist Republicになると、日本では、ほとんど知られていません。ここの首都が、ウラジカフカスだったのです。革命当時は、グロズヌイより大きかったのでしょうか。日本ではコーカサスには関心がないんですよね。日本語で出版されている、コーカサス関連の参考文献は、ほとんどありません。バルカンは多いのに。
 でも、世の中には、すごい人もいるもので、ソ連時代にウラジカフカスを旅行されている人もいます。当時は、「オルジョニキッゼ」です。
http://www.asahi-net.or.jp/~ri8a-iskw/chp15p02.htm


また間違い! 2003年 04月 17日
Мася さん

遠い、を意味する単語はдальныйです。この場合は極を意味していますが。
だから、
Дальный Восток(極東)、дальневсточный(極東の)、
дальневосточная республика(極東の共和国)、Дальная Восточная Республика
です。

ロシア語のキー配列だとдとлは隣同士で形も似ている...

う〜... 2003年 04月 17日
Мася さん

Привет

私の和露辞典によると、極東はДадьный Востокでした。う〜、20年もの間、Востокと信じていました。N学院のSせんせ〜!(学校は無くなり、先生もお亡くなりになってますがって自分で調べるべきでした。)
極東の、という形容詞はдадьневсточныйで、共和国はреспублика、つなげるとдадьневосточная республика(極東の共和国)となります。
バラバラにするとДадьная Восточная Республикаになります。

自宅にあるソヴィエト/ロシア関係の本を見てみましたが、極東共和国については赤軍興亡史Tに少し書いてある程度でした。(もっと本買えよ!って?)

切手のコレクション、拝見しました。よく入手できたものと驚いています。

ベース(основан)は町が出来た年でГород с XXXX は市制施行の年かな?

さいたま市の荒川河川敷のサクラソウが綺麗なようなので週末にでも行ってみようかと思います。この所、ЗоркийばかりだったのでКиев4、Зенит212Кで行ってみようかと思います。
でも、広かったりするとフォクトの25mmを使ってみようかな?そうなるとまたЗоркийになってしまう...

Пока

あっ間違えました! 2003年 04月 16日
Мася さん

ベース(なんだろう?)が1784年、町としては1860年からで、1931年までВладикавказ。後は管理人さんが仰るとおりです。
でも、よくこの町のことをご存知でしたね。

http://www.mojgorod.ru/r_sevosetia/vladikavkaz/index.html

私、ココみました。グロズヌイから約100km!?

ウラジカフカス 2003年 04月 16日
管理人(金井) さん

ウラジカフカスの名称ができたのはだいぶ前で、ウラジオストクよりも古いはずです。そうでないと、ウラジオストクの名前の由来が、困ってしまう。

 1931年ウラジカフカスはオルジョニキーゼと改名、1944年ジャウジカウ、1954年再びオルジョニキーゼ、1990年ウラジカフカスに戻る です。

 ウラジカフカスの、カフカスを土地の名前ではなく、カフカス人の意味に取ると、「カフカス人の土地」と言う意味に取れると思います。そうすると、北オセチアの首都の名称が、ウラジカフカスなのは、素直に納得できます。

ДВР 2003年 04月 16日
Мася さん

Привет

管理人さん:
ДВРの話、初めて聞きました。とても興味深いです。ロシアの検索エンジンで検索すると1920年くらいの歴史に書かれているのですが何の略称か記されていません。
っで略がでているところを見ると、Демократический выбор России。でも1994年とか何じゃこりゃぁ?

ハバロフスクのインツーリストホテルの前に郷土資料館があって(まだあるはずだよなぁ。私が行ったのは20年前)、そこの旧館に日本軍のシベリア出兵の資料が残されているそうです。
最近、ハバロフスクに行きたいという人が多いのが不思議なのですが、みんなココ行ってるかな?アイヌ民族の資料やデルス・ウザーラ(黒澤明+栗原小巻でしたっけ?映画)の遺品もあります。なかなか興味深い館です。

都市の名前の由来も面白いですね。ウラジオストクは1860年、ウラジカフカスは1931年にできたそうです。私達の市は今年70年!しかし、小学生の頃に市制施行40周年を祝った覚えがあるなんてヤだなぁ...
大統領の名前の解釈、それいいですね。私の友達にワロージャ(ウラジミールの愛称)ってあまりいないんですが。

今日の飛行機でお母ちゃん(ナージャ)がロシアに帰ってしまったのですが、もう少し早く話題になれば色々と聞けたかも?実は彼女、ハバロフスク近くの生まれなんです。
しかし、私達が面白がっている話題だとみんな引いてしまいますかな?

Пока

ウラジオストク 2003年 04月 16日
管理人(金井) さん

Мася さん 、どうもありがとうございます。すみません、でも、今ひとつ分っていません。

 ウラジオストックが「東を征服せよ」の意味であると言う話は、1970年代に結構言われたように記憶しています。そして、それは、たいてい日本の軍備増強の主張とセットだった。征服って言うと、「力で制圧」と言うニュアンスがあるでしょう。ずっと「そんなものか」と思っていたのですが、最近ちょっと疑問に思ったのは、北オセチアの首都が、ソビエト崩壊前後に「ウラジカフカス」と変わったことです。対話の時代に入ったのに、なんで、北オセチア人が、ロシア人に対して、「コーカサスを征服せよ」などと言う必要があるのだろうか。

 Systranの翻訳ページに владение と入れて、ロシア語−英語変換をすると the possession となります。владだけだと、the property いずれにしても、所有物、領土などの意味になりました。

 固有名詞の意味など、いかようにも解釈できると思います。ウラジオストックが「東を征服せよ」の意味であると言う話は、そのように解釈することに、一定の政治的意図があったのではないのだろうか、そんな風に思えるのです。(逆かなー。「東を征服せよ」という意味だから、政治的に利用したのかなー。)

 プーチンさんの名前、ウラジミールは、「世界を征服せよ」ではなく、「平和の主」としたほうが、よろしいのでは。

 次に、極東についての疑問は、次の理由です。
 日本のシベリア干渉戦争(シベリア出兵)時代に、極東共和国(Far Eastern Republic)というのがあったのですが、この切手は「DVR」とキリル文字の筆記体で加刷されています。DはDalniだと思っていたのですが、違うのかなー。

 ウラジカフカス出身力士は露鵬でしたっけ。「露鵬、ロシア、ウラジカフカス出身、大鵬部屋」と、呼ばれるのでしょうかね。

すみません化けました! 2003年 04月 16日
Мася さん

文字が化けました!

ヴラジ・・・という征服するという単語とヴォストークが組み合わさったと聞いたことがあります。ついでに動詞を辞書で調べました。
この動詞が転じてヴラジ・・・という領土を意味する単語に「極東の」という単語を組み合わせるとヴォストークは文法上ヴォストーカに転じます。

っとこう書いたつもりでした。

Владивосток 2003年 04月 16日
Мася さん

Привет

Сегодния тоже у меня нет славаря!
(今日も辞書を持っていません!)

владゥイ箸いセヌ「垢襪箸いγ姥譴櫨哥爭礑筵爭椶ソ箸濆腓錣気辰燭畔垢い燭海箸「△蠅泙后C弔い任貌飴譴鮗\颪把瓦戮泙靴拭」
この動詞が転じてвладゥイ箸いξ療擇魄嫐C垢訝姥譴法峩謀譴痢廚箸いγ姥譴鯀箸濆腓錣擦襪櫨哥爭礑筵爭椶亙庫‐紮哥爭礑筵爭棗僂謀召犬泙后」
生格という所有を意味する格になります。востокは主格と〜を意味する対格です。
地名にいちいち文法を持ち込むかなぁ...Кавказも主格/対格です。恐らく同じような意味で名付けられたと思います。

Владикавказは昨年、土砂災害が発生して日本でもニュースになりました。地図で調べてみたらチェチェン共和国のすぐ隣...

グルジア出身の黒海という力士が十両になりましたね。その他、露鵬とかいるんですよねぇ。もっと活躍して欲しいです。
そういえば昨年、弟(オレグ)をNHK放送センターに連れて行った時に、丁度ハイビジョンで相撲が中継されていて取り組みが終わるまでテレビの前を動こうとしなかったことがありました。
ハイビジョンが気に入ったのではなく、相撲に興味があったようです。

Пока

ウラジオストク 2003年 04月 15日
管理人(金井) さん

Мася さん 教えて下さい。
 ウラジオストクは極東を征するという意味でよろしいのでしょうか。「ウラジは領土と言う意味で、ロシアの一番東側の領土なので、ウラジオストクと名づけられた」という説も聞いた事があるような気がするので。
 北オセチアの首都、ウラジカフカスも同じ意味なんでしょうね。そういえば、ウラジカフカス出身の相撲取りがいたなー。

Ответ 2003年 04月 15日
Мася さん

Привет

Восток:
今日は和露辞典を持っていないのですが、ウェッブ、電子辞書(ロシア語を含む10ヶ国語が収められているのですが日本語はありません。安物です。)でвостокの英語を調べると単純にeastと返ってきます。
通常、極東を言います。あっもしかしたらВを大文字として固有名詞的に使われたかな?Октябрьと10月の頭を大文字にすると「大10月革命」となるように。
ちなみにウラジオストクという町(かつては軍港)を(ヴラジ−ヴォストーク)極東を征するという意味です。ならばウラジミールという名前は世界を征する?

国際婦人デー:
日本ではこの日を考えていないようですね。数年前にモスクワに3月3日に雛人形の写真を送って説明したのですが、国際婦人デーのお祝いとして貰っておくという返事でその日を初めて知りました。

花を贈る:
勿論、実物を贈ったことはありません。かつてモスクワでアンナ(オレグのお姉ちゃん)に市内を案内してもらったお礼に花をプレゼントしようとしたのですが買うチャンスがありませんでした。
そこで、お土産として持ってきた折り紙(英語版)の本からカーネーションを作ってあげたらオフィス内で折り紙が大ブレイクしてしまいました。
最初の内は友人(ワレリー)が桜の枝を娘の誕生日に持って来てくれだのとムチャクチャ言われました。一番ムチャクチャだったのが彼女(名前は明かしていません!)で、昨夏、サギソウを帰省するオレグに持たせてって...
100円ショップの造花や写真はいつも贈っています。

Зоркий:
権現堂堤の写真ができてきました。Cで撮った写真は菜の花の黄色が綺麗で良いのですが、6にはまだ光線漏れが生じています。撮影した時にはКиевのようにパーマセルテープで裏蓋を留めたのですが、ネガを見ると全てのコマではありませんが圧板の形の後がついている...漏れていない方が珍しいです。
あっ桜吹雪はちゃんと写ってませんでした...残念!

Пока

リンクハリハリ 2003年 04月 14日
いっつあん さん

>1月にいっつぁんさんの掲示板に載せたのが・・・
との書き込みがあったので、慌てて・・・・
サーバー変えた関係でそのときのBBS今はリンクしていません。
といっても、Масяさんの書き込みは残ってたりする(^^;
http://zorki.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/UPP/upb.cgi
アドレス欄へコピペでどうぞ。

本日、とある知り合いから「Zenit」を格安で譲っていただける事になりました。
M42レンズは無いのですが、これから色々集めたいと思います。

Zorkiの耐久性>どんな機械でも、使われ方や使われてきた期間で段々と壊れてはくると思います。Zorkiシリーズで最初にやばいのは、やはり布幕あたりでしょうかね?
今のところ私のZorki-1は、特に問題ありませんが、フィルムの入っていない状態で、むやみに空打ちしない方が良いと、どこかで見た記憶がありますが、ついやっちゃいます(^^;

Zorki-S 2003年 04月 14日
管理人(金井) さん

写真がアップできない掲示板ですみません。
 Princelle本によると、Zorki-Sにも「Youth Festival」のスペシャルバージョンがあるそうなので、そういった類のものだと思います。Zorki-4には革命50年記念バージョンのプリントが有名なのですが。
 Zorkiの耐久性はどうなのでしょう。使い込んでいないので、良くわからないのですが、メカニズムを見た限りではシンプルなので、そんなに壊れる事は無いと思います。結構丈夫です。

皆様にお世話になっております。 2003年 04月 14日
つとむ さん

 すみません。軍艦部の刻印の件ですが、ロシア語のアルファベット全く判らず・・・。ファインダーの向かって右側なんですが・・。やはりロシア語なんでしょうね?底蓋のOPENがOTKP?またはOTHP?になってますから。筆記体だから、余計に判らないです。先に説明した綴りも間違ってるかもしれないです。でも、刻印自体はしっかりと機械的に用意された様な刻印であり、知らない者であれば、本来のメーカー名かと見紛うような刻印です。写真で掲示出来たらと歯に物が挟まった感じで、少し悔しいです。
 今日、本屋さんに行きました。ハラショー(ロシア&旧ソビエトカメラの世界)ってムック本があったので、マイブームの中ついに買ってしまいました。読んでみると、ロシアカメラって、ロシアカメラ特有の使い方があるのだなと認識を新たにしました。この本自体はロシアカメラを「面白い物体」見たいな取り扱いがしてあり、それなりに楽しめました。個体に対する批判も皮肉も全て受け止め、それを楽しみなさい。それが人生の余裕に繋がるみたいな感じですかね?この値段で楽しめるのだから良いですよね。ホントに。
 僕はまだ、ゾルキーを使い込んでいないんですが、耐久性はどうなんでしょうか?それに対して製造年度って関係あるんですか?

3月8日 2003年 04月 14日
管理人(金井) さん

ミモザがなんだか分らない金井です。(セイタカアワダチソウなら知っている。)
 3月8日は、もともと、ミモザを女性に送る日だったので、「国際婦人デー」に、なったんですかねー。大昔から、「国際婦人デー」だったような、気がしていたけれど、そんなはずはない。
 ところで、女性に黄色い花を贈るのと、心変わり、別れを意味すると言うのは、ロシアだけなのでしょうか。日本はそんなことないのですかね。女性に花を贈ったことがないおじさんには、分らない。

Мася さん、どうもすみません。Мася さんの人間関係は、分ったような、分らないような。
 FEDシベリアはシベリア・極東で使用するために作られたのではなくて、指が大きかったり、手袋をはずすのが嫌いだったりする人用に作られたのかもしれない、と密かに思っています。
 極東はFAR EASTだけれど、ロシア語では、「ヴォストーク」なんですか。FARはないのですか。Dalniとか付きませんか。

ますます? 2003年 04月 14日
hirob_p さん

>黄色い花
面白いお話有り難うございました。どうでも良いことですが、ミモザはいわゆる合歓の木で、似た木でアカシアがあります。アカシアは別名ミモザアカシアとも言います。どちらも豆科の木で、黄色い花を咲かせます。ですが極東の戦後直後?の歌等でよくアカシアという言葉を耳にする気がします。何か関係あるのかも?

>Масяさんの人間関係は難しい。
私はそれ以前にМасяさんが日本語がもの凄く上手なロシア人なのか、ロシアにもの凄く詳しい日本人なのかさえも分かりませんでした。先日の京都のお話の時に分かりました。

Извинйте!(すみません!) 2003年 04月 14日
Мася さん

Привет

省略してすみません!名前を書けば分かるかな?一昨年7月からモスクワのガールフレンド(アンナ、今アメリカにいます)の弟、オレグが日本で働いています。
息子の様子を見に来た(息子をダシに日本に遊びに来た?)お母ちゃんはナジェジダ(ナージャ)と言います。弟と言っているのはオレグで、お母ちゃんはナージャです。
1月にいっつぁんさんの掲示板に載せたのがオレグと嫁さん、ヴィクトリアです。

この他、いつも友人と言っているのはワレリーでWeltiniやКиев2をくれた友人がセルゲイ。ワレリーの弟でモスクワでカメラ店を経営しているのがアレクサンドル(サーシャ)です。
余計混乱しちゃうかな?

黄色い花:
ロシアで付き合っている女性に黄色い花を贈るのは、心変わり、別れを意味します。但し、3月8日の「国際婦人デー」だけには黄色いミモザの花を贈ります。
私は贈れない(ミモザの花を知らない)ので、その頃日本で咲く、梅や寒桜の写真(イメージ)にメッセージを添えて送っています。
新宿御苑の温室で撮った黄色い花(何という名前だろう?)の写真をヴィクトリアが欲しいというからあげたことがあります。勿論3月8日を祝してと一言言って。

シベリア:
戦前にもあったんですかぁ!?そうなるとプラウダの寒い地区の支局に需要があったと考えられる?

12XP:
京都に行くにあたって、旅行鞄を探していたらЗенит312Мの箱が落ちてきました。中からボールペンで312Мと書かれた12XPのマニュアルが出てきました。

Пока

Re:ソヴィエトレンズの逆襲? 2003年 04月 14日
管理人(金井) さん

Harry さま、ソ連製レンズのコストパフォーマンスはものすごく高いでしょう。J37Aは良く撮れますよね。コンパクトズームより良いかもしれない。でも、EOSの単焦点に比べると、解放F値が暗い、逆行に弱い、という欠点がありますが、値段を考えると当たり前でしょう。このようにして、ロシアレンズを使っていると、だんだんロシアレンズが増えてゆく。
 Zenit12XPの最速が1/500って、困りますね。1/2000が欲しいところです。本当は、グレーフィルターを持っていれば良いのかもしれないのだけれど。200mmも手持ちで使うときは、遅いシャッター速度にできないので、ISO100にするかISO400にするかは、悩みどころです。
 私は、35mm付近の画角が苦手で、Mir1Bはめったに使わないレンズです。(結構評価が高いのだけれど、私には分らない。)

Мася さん の、人間関係は難しい。「お母ちゃん」と言う方は、ロシア人だったのか。
 ところで、埼玉県幸手市の権現堂堤は、桜のピンク色と菜の花の黄色の対照が見事なところと認識しているのですが、ロシア女性は黄色い花は嫌いなのですか。私も知りたい。
>身長180cm、茶色がかった長髪に無精髭、サングラスに赤い星が付いたベレー帽
そうか、こういう人がいたら、Мася さん だと思えばいいのか。

 それから、FEDシベリアですが、戦前からあったようなので、本来はお土産というわけではないと思います。FEDシベリアと言うネーミングが、西側で付けられたのだと思います。(実際、どこにもシベリアなどとは書かれていない。)最近、改造されたであろうFEDシベリアは、日本人目当ての可能性大です。アブコラボが作って、それなりに売れたのだから、ロシアやウクライナ人も、真似して作るとおもいます。

多少はがまん 2003年 04月 14日
hirob_p さん

田舎なので無投票当選で選挙ありませんでした・・・。
妻がとあることで大賞をとり、雑誌に載ることになりました。そのための写真を一生懸命、KIEV2a+Jp-3+ネオパンで撮りました。三脚とレリーズまで使いました。Jp-8MかJp-8かJp-3かと迷いました。証明写真でよいそうですが楽しめました。

>ロシア女性に黄色い花は贈れない

何か逸話などあるのでしょうか?よろしければ教えて下さい。

>身長180cm、茶色がかった長髪に無精髭、サングラスに赤い星
>が付いたベレー帽...こんなのに何で頼むんだろう...

ずっと昔カメラに全く興味が無かった時に、旅行先で頼んだ方がたまたまカメラ好きの方でした。その方は、思った以上にズズイズイと近寄ってきて撮影され、ちょっと驚いたのですが、出来た写真は背景と人とのバランスがとても良かったです。その時以来、人にカメラを頼む時はマニアックなカメラをぶら下げた若め方を探しています。お姿が多少怖いのは致し方ありません・・・(需要者意見)。

Zenit12XP試撮 2003年 04月 14日
Harry さん

金井様

先日Zenit12XPの電池の件で質問したHarryです。
先週,桜を取りました。 私なりにマッチ・グーと思っています

Mir20 20mm/F3.5、Jupiter37A 135/3.5 Mir1B 37/2.8 の3本で撮ってみましたが、噂通りよく写りますね。
ロシア物は先の Jupiter9 85/2 についで2回目ですがコストパーフォーマンスは中々良いと感じました。
又カメラのZenit12XPもシャッターを切る時途中で絞りが適切かどうか教えてくれるので結構使い易いでした。

唯、3点困ったのが
1. ISO400を使ったら、カメラ1/500が最高速なので開放近くで撮れない事
(ISO100にすべきでした)
2. Mir20は殆どパンフォーカスで良いのですが光線の加減でフレアーが強い事
 (どなたかお奨めのフードご存知ないですか? キャノンの径の大きなフードを探しに行って来ますが?)
3. Mir1B 37/2.8はピンとの確認が難しい事でした。

でもロシア物って随分良いですね。
これからは少し、視野を広げなくっちゃ-と反省でした。




ソヴィエトレンズの逆襲? 2003年 04月 14日
Мася さん

Привет

先日投稿したように、もうすぐお母ちゃんがロシアに帰る予定なので私が撮った桜や京都の写真(数枚四切に伸ばしました)を金曜日に届けて来ました。
132枚中96枚がМир、Юпитер、Индустарで撮影されたものでしした。36枚は息子がペンタックスズームで撮りました。お母ちゃんが写真を見てソヴィエトレンズの良さを認めたせいか弟も認めざるを得なくなったようです。
昨年12月にモスクワに帰った折、友人が撮影した写真を貰ってきましたが、京セラあるいはペンタックスのコンパクトでフジのフィルムで撮られたのですがやや黄色っぽく、写真はちょっと懐かしい絹目...紫外線の量も影響あるのかもしれませんがDPEが良くないのかも?
だからロシア人って自国のレンズの良さが分からないのかなぁと思ってしまいます。

昨日は、埼玉県幸手市の権現堂堤の桜と菜の花を息子と撮りに行って来ました。カメラは話題(?)のЗоркий-С+Индустар50(黒)とモルトを張替えた6+Юпитер12/11でした。もう満開を過ぎたので桜吹雪を狙っていました。菜の花はロシア女性に黄色い花は贈れないのであまり撮りませんでした。
急に桜が散ってきたりして、慌ててレンズ交換をしていたら私の背後からカメラが出てきて「シャッター押してください」って...この時は自分に余裕がなく失礼な態度なので初めて断りました。不思議とよく頼まれるんです。身長180cm、茶色がかった長髪に無精髭、サングラスに赤い星が付いたベレー帽...こんなのに何で頼むんだろう...

つとむさん:
Зоркий-Сの刻印ですが、上面にはЗоркий Сと筆記体で、背面には*****と製造番号、底部にはоткр(ить):開、закр(ить):閉くらいしかないのですが、贈答のメッセージが刻まれているのかもしれませんね。
またはСделано в СССР(Made in USSRの意)と刻まれているのでしょうか?Киевには刻まれていますが。写真などでよく見られれば良いのですが...

ФЭД:
私、ФЭДは1台も持っていないのですが、このシベリアというモデル、ロシア->寒い->シベリアというような安直な連想で作られたものとしか私には思えません。シベリアというのはウラル山脈からバイカル湖(イルクーツク)までを言います。それ以東は極東(Восток:ヴォストーク)です。
何でもシベリアとしてしまうのはロシア人以外の感覚で、ロシア人が作ったとしても実用というよりこの感覚に訴えたお土産用(特に日本人向け?)みたいなものだと思っています。

Пока

Re:来ました。 2003年 04月 13日
管理人(金井) さん

つとむ さん こんにちわ、管理人の金井です。
 ロシア語の説明は、きっとМася さん がしてくれるだろう。

 ということで、私はFedシベリアについて。Fedシベリアは、正規に製造されたものか、改造品と言うべきなのか良くわからないのです。真相は、特別仕様の特注品をFED工場自身で改造、あるいは臨時製造しているようなので、偽物と言うわけでは無いようです。
 ところが、秋葉原のラオックスの奥にある、アブコラボというカメラ屋が、10年ぐらい前に改造品を作っています。ただし、店主の話では、ウクライナに注文したような事を言っていたので、ひょっとすると、正規工場の改造品かもしれません。買う気はなかったし(この時は1台だけ残っていた)、他に欲しいものも無かったので、話を良く聞かなかった。店主は親切で、人のよさそうな人なので、思わずいらないものを買いそうになってしまうので、早々退散しました。
 もっとも、アブコラボの販売したFEDシベリアは特徴があって、見分けが付くと言う話もあるけれど、私は見分け方を知らない。
 さらに、ロシアやウクライナのカメラ屋には、偽ライカを作っているところが、結構たくさんあって、(FEDやZorkiよりも高く売れる)そういう人ならば、珍しいタイプのFEDやZorkiを作ることなど、造作も無いだろうから、珍しいタイプのFEDやZorkiは、最近の改造品の可能性が高いと思います。

来ました。 2003年 04月 13日
つとむ さん

 ゾルキーCが来ました。軍艦部後部中央付近にロシア語?でCZOCMBA?UH?U??って刻印があります。綴りが詳しく判りません。これは何でしょう?
 興味が湧いて来ましたので、田中長徳さんの、「ロシアカメラがむせぶ夜は」も読んでます。
面白いですね。ますます、興味が湧きそうです。
 この本読んでて、フェドシベリアが凄く欲しくなりました。来たカメラで、まだ撮影もしていないのに・・・。
 フェドシベリアって、一つ一つのノブが大きくて、特殊用途の特別製?これこそ、寒冷地仕様!を全面に押し出してて、プロっぽい感じ、非常にシブイです。入手出来たら、僕は特殊用途のカメラを持ってるんだぞ、って嬉しくなりそうなデザインですね。オークションみたら一台出てました。予算無いので入札出来ません。ウーン残念。
 (すみません、ロシア製カメラ素人で。)

創価学会 2003年 04月 12日
管理人(金井) さん

 明日は投票日。
 今日は、近所の創価学会の人がやって来ました。あまり付き合いも無いので、選挙の前だけいらっしゃいます。(戸別訪問ではなくて、単にちょっとした知りあいの方です。)創価学会の人って、選挙熱心だなー。「だれだれさん、お願いします」といわれたので、「うけたまわりました」と答えたのですが、なんか漫才みたいになってしまった。
 今、ロシアに創価学会の支部はあるのだろうか。ソビエト時代、仏教はほぼ消滅状態だったのですが、ソビエト崩壊後は、多少は復活しているようです。(仏教ではなくラマ教かもしれない)

サクラチル 2003年 04月 12日
管理人(金井) さん

ドイツ語は第2外国語で取ったけれど、初めから勉強したことがない、金井です。

 サクラが大分散っちゃいました。花びらが池を埋め尽くしていると、結構綺麗です。
 ところで、もうそろそろ新緑の季節になります。山に行くと、新緑って、日の光を浴びて、きらきらとして、おまけにほんのり爽やかな臭いもあって、気持ち良いんですよね。でも、新緑はどうやって撮れば良いんでしょう。「爽やかな臭い」が撮れないのは仕方ないとして、「日の光を浴びて、きらきら」も、露出オーバーで白っぽくなるだけで、気に入った写真が撮れません。
 新緑は写真に向かない。と、勝手に思っています。

Неметский(ドイツ語) 2003年 04月 11日
Мася さん

Привет

やっぱり、こっちの方がいいです。
兄が大学でドイツ語学科に通っていたのと、自分の専攻でドイツ語の原書を読むということでドイツ語が第一外国語でした。
近年入手したエキザクタやプラクチカのコンパクトカメラのマニュアルをドイツ語で読んでみようとしたら...マニュアルを読む必要なく使えました。
einwnigは「わずか」とか「少し」とか言う意味です。(ちょっと自信ないです)

先日、台湾との仕事の関係ができ、昨年度入社した若手が大学で中国語を取っていたということで中国語Windows及びアプリケーションのインストールをやらせようとしたら、習ったのは2年も前で覚えているわけないじゃないですか!と答えました。
俺のロシア語だって習ったのは20年前だぞ!ってドイツ語って言えばよかったです。しょっちゅう話しているロシア語では説得力なかったです。結局私がインストールしました。(かつてモスクワで中国語WIndowsをインストールした経験があったので)

例の方は...我々の敵で...後でHansとかあるのに気づいたのですが、私の知人でハンスはオランダ人だったので... 兄達のゼミの先生もハンスだった!宮崎駿の雑想ノートにでてくるのもハンスなのに...
ソヴィエト時代、学校で習う外国語ってドイツ語だったそうです。かつての敵制語ですが東独が朋友国になったせいでしょうね。でも我々の英語と同じようにスカーっとのようです。バルト3国ではロシア語が嫌われて、ドイツ語のほうがいいようですね。
今朝、アメリカからインド人の技術者からの電話、応対するのはロシア語が入り混じる英語を話す日本人...よく話ができるもんだと...

ところで、桜吹雪という程ではありませんが、散っていく桜を撮りたかったのでЗоркий-2Сを机の上に出しておいたら、おじさん達3人が手に取って見て行きました。一人はこれでナンパできるの?って...

これから、弟の所に先日の京都の写真や桜の写真をお母ちゃんに渡しに行きま〜す。

Пока

どいつ 2003年 04月 11日
hirob_p さん

Масяさん こんにちは。
ドイツ語までお出来になるんですねぇ・・・私は大学でも選択させられましたがすっかり忘れました(と言うより元より頭に入っていないか)。「einwenig」ってなんでしょうか?

頭「ヒ」が付くドイツ人も確かにいますねぇ?(それにしても例が・・・)やっぱりからかわれていたのか?そういえば、「ヒーゴッ」って感じで奇妙な呼び方をする人もいました。「ーゴッ」の部分は喉に物がつっかえたような変な音で何とも表現出来ない感じです。

私は語学にとても疎いのですが、書いた文章を翻訳会社で英訳してもらい、これをチェックする事がよくあります(英訳できない私がなぜチェックするのか私自身でも疑問です)。その時いつも日本語って便利だなと思います。Масяさんが言われる主語を抜かすのなんて当たり前に普段はやりますが、これをやると帰ってきた翻訳はわけが分からなくなっています。20枚程の日本文は倍程の厚みになって帰って来ます。カントかしてよって感じでしょうか・・・。

Das Deutsche ! 2003年 04月 11日
Мася さん

Guten Morgen, herr Hirob_p !

Ich koenne sprechen das Deutsche einwenig !

と本当はかなり忘れているんですが..
この文章でハ行てヒ、ヘ(ヒェ)がありますが、chとgが使われるんですよねぇ。
頭にハ行がくる時って、どういう発音なのだろう...ヒトラー、ヒムラー、ヘルマン・ゲーリング...

私の義姉もその昔、ボンに住んでいました。兄夫婦(というより義姉の家族)は親独派です。
車はベンツであってもカメラはオリンパスだったと思います。

ロシア語もドイツ語も動詞や名詞、形容詞の変化が細かく決められています。ロシア語の方が多いです。主語が省かれても語尾の変化で誰が何をしたか理解することができます、
逆に英語はあまりにも少なく、代名詞や主語が省かれた文章などはシンプルな故に判り難いです。
でも、代名詞ばかりのカントの原書は読みにくかったです。

あっ樹脂のお話でのD社って私の会社と同じビルにあるなぁ...

Aufwiedersehen !

樹脂 2003年 04月 10日
hirob_p さん

>お名前を話題にしてしまって失礼しました。

イエイエとんでもありません。面白お話を伺う機会に恵まれました。それにしても、ロシア語難しそうですね・・・。

>樹脂のお話
とても興味深いお話でした。私はメーカー側の人間では無く、先日のお話でお分かりかもしれませんが、あっち側の人間です。確かに視点が異なっているのかもしれません。私の見ている各社の技術と米先端技術とでは住み分けがされているのかな? やっぱり引き離されているのかな・・・? 今度何かの機会に詳しく見てみたいと思います。AFカメラの件はちょっと汗でした・・。ごめんなさい。「樹脂は再利用すると必ず性能劣化があります」確かにそうですね。最近小さな女の子が「だけじゃないTジン」とかってCMやってますが、あれは実は凄い技術ですね? と思うのですが。。。分子鎖が段々短くなっていく等の劣化を考えず、完全に最初からプラを構築できるという方法ですよね?コストがかかるのかもしれませんが、金属と同じように安価にプラの再構築ができる時代が早く来ると良いですね。

樹脂グレード 2003年 04月 10日
管理人(金井) さん

hirob_p さま。どうも。この前は、お名前を話題にしてしまって失礼しました。

 日本の樹脂は優秀なのですが、それでも、GEやデュポンに全然かなわないのです。米大手化学メーカーは(GEは化学メーカーというわけでもないけれど)軍事との関連が強くあって、巨額の米軍事予算が流れてくるので、軍事のない日本の産業は太刀打ちできないのです。と、hirob_p さんと、考えが違いますね。見ているところが違うのかもしれません。
 AF一眼レフの樹脂の件ですが、M社のカメラに使う樹脂を、某樹脂メーカーが売り込んだときに、私もちょっとだけ関係してたので、「樹脂選択が下手なのか」と言われると、私も全く責任なしでもないので。。。
 マグネシウム合金は再利用ができるので(樹脂は再利用すると必ず性能劣化があります)環境にやさしいと言う人もいるのですが、実際は成型の歩留まりが悪くて、エネルギー浪費が激しく、結局、環境に優しくないと、3年ぐらい前に電機メーカーの方から聞いたことがあります。でも、こちらは仕事で関係したことがないので、詳しいことは分からない。

ルサールが2万円台 2003年 04月 10日
管理人(金井) さん

 ルサールが2万円台。安いなー。でもこれは、ファインダーナシの値段ですね。ファインダーも1万円ぐらいするなー。
 ルサールが2万円台というのは、レンジファインダーブーム以前の値段でしょうねきっと。今では、6万円台。買えない。 Orion-15はL-マウントのものは、ずっと安いけれど、Kiev用は6万円台ぐらいだったか。もちろん、これも持っていない。高い物は何も持っていないなー。なんか情けなくなってきた。

Мася さま、XとGの説明どうもありがとうございます。(難しい。)

徒然 2003年 04月 10日
hirob_p さん

>金井さん。
>樹脂グレード
日本の樹脂技術は他国の追随を許さないと感じます。例えば、その差は車内装樹脂で見ることができると思います。樹脂を必要な性能のみから選んでいるように感じるS社の昔から有名な軽4WD車の内装樹脂と、性能に加えて質感までも求めているT社の高級4WDの内装樹脂とではあからさまに異なっています。それでもS社の車とて夏場に内ドアパネルが変形してくることはありません。しかし、アメリカのC社の高級4WD車の上級グレードではこんな不具合を実際に目にしました。樹脂のブレンドノウハウ等の蓄積は国内各社(樹脂会社)凄いと感じています。例えば、フロンの使用が禁止されつつある昨今、車メーカーから代替フロンとして注目されているCO2(分子が小さい為ゴム等ではすぐ漏れる)を使うためのエアコンホースの開発を要求されると、これまでの蓄積であっという間にある程度まで完成させてしまいます。でも、ことカメラ業界については、AFカメラ等の外装樹脂はあまり大きな進展は感じられませんねぇ?カメラ会社は樹脂選択が下手なのか、樹脂会社に要求を突きつけないのか?何故なのでしょうね? 高級コンパクトやデジカメでは最近金属化が進んでいますが、金属化すると重くなるし、許容歪み量も小さくなるしで・・・個人的にはマグネシウム合金を使用するならば、高級なエンプラの方が嬉しい気もします。と言いつつ・・・ロシアカメラではこの重たい金属感を嬉しく感じてもいます。勝手なものですね。つれづれな書き込みになってしましました。ごめんなさい。

>Масяさん。
まだ私が小さく、西ドイツという国が有った頃に向こうに居たことがあります。当時、向こうの友人は私のことを「ヒロ」と発音できず、「キノ」とか「キーノゥ」と呼びました。不思議なことに単語の中に出てくる「ヒ」は発音するのです。最初はいじめられていると思っていましたが、単に発音できないのだと友人の母親に教えられました。そのくせ、私が10のことを「ツェーン」と発音していると公園で日が暮れるまで「ツィーン」、「ツィーン」、「ツィーン」・・・と繰り返させられました。「хи」の説明を見て思い出しました。ちょっと似た発音なのかな?と。

>つとむさん。
ルサール羨ましいです。購入はだいぶ昔なのでしょうか? 今はルサールはちょっと無理なのでMIR-47Kが取り敢えずは欲しいです。

Зоркий-С仲間増殖中? 2003年 04月 10日
Мася さん

Привет!
私、Зоркий-С好きです。Зоркийとしては4台目に手に入れたもので、それまで4、4K、3Cとやや大きめなものから初めて手に入れた小さいモデルでした。
1とほぼ変わらない寸法(高さは除く)でシンクロ接点付き。人気がないのが不思議です。っといいつつ今2Cを持ち歩いています。
私のCにフォクトのスナップショットスコパー25mmを取り付けようとしても、簡単につきません。双方のピッチをおかしくしてしまいそうのでこの組み合わせでは使いません。
Руссарはファイインダー付きで6万円以上というところでしょうか。

訂正
はひふへほをロシア語で表記すると、ха、хи、фу、хэ、хоで、法則は分かりませんがга、геも使われます。
私のспутник(旅仲間、道連れの意味の他、虎の巻、アンチョコという意味があります)での使用例ではГарри、Гермион、Хаглидとか載っています。
何だか分かります?ハリー、ハーマイオニー、ハグリッドとロシア語版ハリー・ポッターです。

日暮し、硯に向かひて心に浮かぶ...:
見ていました。事実を究明するには、仮説を立て、その仮説を立証するために調査をします。それから更に仮説が立てられることもあります。
ソヴィエトに関しては分かっていないことが多いです。だからと言って(みんな知らないことだからと言って)最初の仮説の段階で留まっている人とどんどん先に進んでいる人とが論じ合っても...
発端は程度の低い本について始まったのですから...

とうとう私の元にもこの本が来てしまいました。よく見たら従兄弟も一部書いていた... 
КМЗの記述についても間違っているようです。1942年2月1日にС.А.ズヴェラフ名称クラスノゴルスク精密機械工場が誕生して、1942年から45年にかけてАЩАФА-2という航空写真機を400,000台作ったとか。
民生用(?)としては1946年のМосква-1が最初のようです(КМЗ社の歴史から)。

しかし、後になって戦前のライカ・コンタックス論争のように、2003年ソヴィエトカメラ論争勃発なんて残らないだろうなぁ...残って欲しくない...

Пока

こんばんは 2003年 04月 09日
つとむ さん

 こんばんは
質問等、ありがとう御座います。
到着待ちしているのは、ゾルキーのC型?です。まだ到着してません。
ソ連のカメラの事は全く知らないのと同じ状態の私です。案外と古い写真機
だそうです。僕の生まれた年齢と同世代かもしれません。
 それと、ルサールの20mmって、高いんですか?
購入先は、確か大阪のOSカメラサービス?だったかな?
レンズは当時2万円代だったと思います。
Lマウントの精度が低くて、一度、店に交換しに行ったのを憶えています。
今、どの位で店頭に出ているのか、現住地が田舎なので、都会の値段は、
ネットでしか判らない状態です。
ファインダーも、同メーカーでランクの低い円い外装の物を同時に購入しました。
ライカの物と比べて、何千円で買えたので嬉しかった事を憶えています。
勿論、ライカのそれらは持ってません。だって、買えないです。高くて。
どうなんでしょう??
 (手巻きの時計は、朝巻く癖がついているので、全然困りません。
  機械式の時計ばかりしているもんで。クォーツが苦手です。)

つれづれなるままに 2003年 04月 09日
管理人(金井) さん

 最近、Old Soviet Camera Guideさん(以下、OSCGさん)のページ
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ehd9f-segs/
を見たら、モノローグで雑誌ハラショーに対して、きつい事が書いてあり、Talk board http://www2.ezbbs.net/16/russian-answer/
に反対記事がありました。つい、自分の意見を書いたのですが、誰も反論してくれません。そのため、「レンズのメーカによる違い」という記事にくだらない投稿をしてしまいました。われながら、不毛な投稿だなー。

 最近のロシア製プラスチックカメラに使っている樹脂は、見るからに安物の樹脂で、簡単に壊れそうです。いま、仕事の関係で、机の上に、オートマ車の速度変換部のカバーがあります。(車の内部の部品なので一般には見ることの無いものです。邪魔だから、捨てたい。)思い切り、力を加えても、全く壊れない。樹脂グレードの違いはどうしてなのだろう。
 ところで、OSCGさんは、体の具合が悪いようで、心配です。樹脂の違いが製品の違いにどのように反映するのか、ご意見を伺いたかったのですが。


hirob_pさま。勝手にお名前を話題にしてすみません。これ、Масяさんへの質問のつもりです。Масяさんがロシア語で書くとき、ラテン文字のhがキリル文字のXになるときと、キリル文字のGになるときがあるようなので、どうしてだろうと思った次第です。

Жаль(残念)... 2003年 04月 09日
Мася さん

Привет

いっつぁんさん;
あら、残念!ではモデルがいいからとしましょう!
私スキャナもフォトショップも持っていませんがいずれ参考となると思います。

つとむさん:
はじめまして!勤務中に周囲の目を盗んで書き込んでいるのでご挨拶が遅くなりました。
私もルサールを持っていませんが、Мир20を持っています。20mmは建物や枝垂桜を撮るとき便利で、先日の京都旅行では大活躍でした。
今日私はЗоркий-2C+Юпитер12を持ってきています。

管理人さん:
クローズアップシステムはそういうものです。

ぐずぐずしてたらhirob_pさんを混乱させてしまいました!
ロシア語でha、hi、fu、he、hoを正確に表す文字がないんです。
haを表す場合はгаとします。だからГарри Поттер(ハリー・ポッター)、Гамлет(ハムレット)、 Йокогама(横浜)というように書きます。
ロシア語のХですがこれをラテン文字で表記するとkhなんです。hiを表記するにはгиとはせずにхи(本当はkhiと発音しなければならない?)としたと思いました。
fuはфуで本当はphuなのですが...heはгеでhoはхоだったと思いました。
キリル文字をラテン文字に表記するのも、いい加減で人によって違います。やはり一番慣れているのは彼女の表記です。

Зоркий仲間増殖中:
ここの所の桜の撮影に関する投稿でФЭДを使われている方がいないなぁと思っていたら管理人さんが...

Восток(ヴォストーク):
4年前にモスクワで息子へのお土産として新品を買いました。どこにいっちゃったんだろう。もう1個買って、ヨーヨー世界チャンピオンにあげました。確か1個千円しなかったと思いました。

Пока

変わった方々と 2003年 04月 09日
hirob_p さん

今日は金さん気分の桜吹雪ですね。運動会でZorkiをステレオで使われたり、RFでマクロをされたり、KIEVを手に登校されるご子息等々・・・これは随分変わったことですよねぇ?

>いっつぁんさん
別のhiroさんだと思います。最初四四に書き込む時にhiroさんを拝見した気がして四四やオアシスではhirob_pと書いてバッティングを避けてます。私が良く使うカメラはPrimoJrと、Ikonta520と、KIEV、FED2、Zorki3(zorki3は最近!)と、後は一眼でしょうか、行動範囲もそんなところです。

>金井さん
>hiroさんはXとお書きで・・・
って私に関することのようですが、頭が鈍くてごめんなさい。X?G?なんでしょうか?

>Масяさん
ケンコーのはレンズも付いているのですね!どんな物だか想像できなくなってきました。そういえば新生フォクトのLマウント90mmの最短だとどの位の大きさに写るんでしょうね?Jp9がもっと寄れれば良いのですが。

2003年 04月 09日
管理人(金井) さん

つとむ さま。はじめまして、管理人の金井です。
 私は、ボストークの時計を持ってはいるのですが、機械なのでゼンマイを巻いてやらないと止まるんですよね。当たり前なのですが、面倒で、たいてい止まっています。手巻き時計をお使いですか。ルサールは、いっつあん さん同様、持っていません。高いので、買えないでいます。使ってみて、どんなものですか。専用ファインダーもお持ちですか。 ゾルキーにルサールは見た感じもよさそうですね。

いっつぁんさま。
 私も、Мася さん 同様、Zorki(キリル文字がかけない)の美しい写真に感心しております。私にはレンジファインダーでは、まともな写真が撮れない。
 フォトショップで色を調整するときは、白をどうかするのですか。今度やってみよう。


Мася さま
 ケンコーのクローズアップシステムというのは、レンズ付きで、枠に被写体を合わせるというものなのですか。
 ところで、人の名前を話題にするのも失礼なのですが、気になっているので教えてください。hiroさんはXとお書きで、HarryさんはGとお書きですよね。どうして、違うのですか。

Zorki仲間増殖中(笑) 2003年 04月 09日
いっつあん さん
URL:http://www.geocities.jp/ickwsts/

つとむさん はじめまして・・・
Zorkiのどのタイプでしょうか?私はZorki-1といわれてる、初期のバルナックタイプを好んで使用しております。ルサール20mmをお持ちだなんて・・・高かったでしょ(笑)

ぜひ、Zorkiにつけてバシバシ撮りましょう!

Масяさん
そんなに誉めても何も出ませんよ(笑)。いっぱい撮ってそれなりのだけ公開してますし・・・
インダスタ22の写りは、私も大好きです。で、私はネガを使用しています。それをスキャナで読み込みます。で、スキャナの性能なのかどうか、それだけでは色や明るさが変なことが多いので、ふぉとしょっぷぅで色調補正します。
ポイントはレベル補正の白スポイトで白い場所をしっかりと指定してあげることです。
あと、ネガですので色合いも自分の記憶や服の色などを参考に調整します。
基本は画像を、ラボでのプリント印刷写真と同じ感じになるようにすることです。

Ответ 2003年 04月 09日
Мася さん

Привет

ケンコーのクローズアップシステムですが、52mm/f8のマクロレンズ(Lマウント、3群3枚)の前面から二本のステーが延びていて先端に葉書大の枠が付いているというようなものです。
枠の中に被写体を収めればファインダーを見る必要のないというものです。カタログのサンプルではベッサLに装着されていました。ホントにウェッブ上で写真が見つかりません...

いっつぁんさん:
本当にいつ見てもЗоркийで綺麗に撮られています。どうして同じタイプ(ダブルネームはタイプCと一緒?)で同じИндустар22(最近は沈胴の50をよく使いますが)でこうも違うのか...
特にお嬢ちゃんの写真はどれも良い写真だと思っています。しかし小学校でЗоркийを使っていると、(ちびまる子ちゃんに出てくる)たまちゃんのお父さんみたい!っと言われたり...

私も息子の学校に行く時は大抵Киев4を持っていきます。

Пока

はじめまして 2003年 04月 09日
つとむ さん

はじめまして
先日、オークションで面白そうと思い、ゾルキーというカメラを落札しました。
ロシア?ソ連製のカメラという事で到着を現在楽しみにしております。
時計ではポレオット(POLJOT)やモルニア?ってのを買った事もあり、
しっかりとした機械である事を認識しております。
今度のゾルキーは旧ソ連製のカメラでもあり、早く写して、どんな写りをするか
見てみたいです。
ズーッと以前、ライカマウント用のルサール20mmを買いましたが、このレン
ズで同胞の出会いも面白いですよね。
ソ連製のカメラについては全く素人なので、判らない事がありますので、この充実
したHPを十分に参考にさせて頂きます。
よろしくお願いします。


Return